/

台湾、新型コロナで8カ月ぶり死者 20年5月以来 

台湾でも新型コロナへの警戒感が一段と強まってきた(1月30日、台北市)

【台北=中村裕】台湾の衛生福利部(厚生省に相当)中央感染症指揮センターは30日、新型コロナウイルスに感染して80代の女性が29日に死亡したと発表した。台湾で死亡者が出るのは2020年5月以来、約8カ月ぶり。

台湾は、新型コロナの感染拡大を長く抑えていたが、21年1月に入って台湾北部の桃園市の病院で院内感染によるクラスター(感染者集団)が発生した。新型コロナの治療を担当した医師や看護師、その家族が次々と感染し、これまでに19人の感染が確認されている。死亡した80代の女性もこのうちの一人だった。

台湾では今後、2月10日から16日まで春節の大型連休を迎える。帰省など人の往来が増える時期と重なり、当局の警戒感は一段と強まってきた。

台湾の感染者は累計で909人、死者は8人となった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン