/

この記事は会員限定です

滴滴、米国上場で自動運転にアクセル 44億ドル調達

[有料会員限定]

中国配車アプリ最大手の滴滴出行(ディディ)が米国上場に伴い海外展開や自動運転技術の開発を加速する。上場時の調達額は44億ドル(約4900億円)で、時価総額は730億ドル(約8兆円)に達する。滴滴の上場は米中対立や中国のネット統制など逆風下にある中国ハイテク企業の将来像にも関わる。

ロイター通信によると、投資家の応募が割当枠の数倍に膨れ上がったため、発行規模を引き上げ、新規株式公開(IPO)の公開価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン