/

この記事は会員限定です

習近平氏の「シートピア」と民主主義の未来

風見鶏

[有料会員限定]

通商・安全保障問題から始まった米中対立は2021年、民主主義や自由・人権といった普遍的価値観を巡る対決へと拡大した。いま世界は民主、専制を問わず経済格差や社会の分断といった課題に直面する。これから展開されるイデオロギー競争は、いずれが成長を維持しながら優れた「ソリューション」を提示できるかの勝負となる。

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が格差解消に向けて掲げる「共同富裕社会」。その思想のひ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1788文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン