/

フランス、EU域外と出入国禁止 変異種対策

新型コロナウイルス対策について話すフランスのカステックス首相(29日、パリ)=ロイター

【パリ、ベルリン=共同】フランス政府は29日、新型コロナウイルスの変異種による感染拡大の恐れが強まる中、欧州連合(EU)域外との出入国を31日から差し迫った必要のある場合を除き禁止すると発表した。EU域内からの入国は、一部を除き陰性証明が必要。ドイツ政府も、変異種が流行する英国や南アフリカなど7カ国からの入国禁止措置を決めた。チェコ政府も、不要不急の入国を30日から禁止する。

フランスは午後6時~午前6時の夜間外出を禁止しているものの、新規感染者が減少せず、1日当たり2万数千人が確認されている。専門家らは3度目の終日外出制限の導入は避けられないとの見方を示すが、カステックス首相は「まだ回避のチャンスがある」と述べた。

首相は出入国制限のほか、食料品販売を除く大型商業施設を31日から閉鎖するなど規制強化を発表。ただ、対応が不十分との声も上がっている。

ドイツの入国禁止の対象は英国、南アのほかアイルランド、ポルトガル、ブラジルなど。30日から順次適用し、2月中旬までを予定している。ドイツ人やドイツ在住者、医療従事者らは対象外。

ドイツは大規模な店舗閉鎖を実施。新規感染者は減少に転じつつあるが、変異種の感染者は少しずつ増えており、衛生当局は警戒を強めている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン