/

金与正氏が韓国大統領を批判 「厚かましさの極み」

think!多様な観点からニュースを考える

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党宣伝扇動部副部長の談話を報じた。北朝鮮にミサイル発射の自制を求めた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の発言を「厚かましさの極みだ」と非難した。

金正恩総書記の妹、金与正氏㊨=AP

公式メディアが金与正氏の所属部署を明らかにしたのは初めて。1月の党大会では指導部の中核である政治局から外れ、肩書は党第1副部長から副部長へと降格した。今回宣伝扇動部所属と判明した。

北朝鮮は25日に新型の短距離弾道ミサイル2発を日本海に向けて発射した。これを受け、文大統領は26日に国内の式典で「対話の雰囲気を難しくすることは望ましくない」と演説していた。

金与正氏は談話で、文氏の発言を「我々の自衛権を国連決議違反だと言い掛かりをつける米国の強盗のような主張そっくりだ。米国産のオウムと称賛して差し支えない」などと主張した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン