/

この記事は会員限定です

中国消費に回復の兆し 年末年始旅行客、コロナ前の4割

[有料会員限定]

中国の消費に回復の兆しが出ている。年末年始(2022年12月31日~23年1月2日)の国内旅行客数は、新型コロナウイルス流行前(19年)の4割強だった。「ゼロコロナ」政策の緩和で爆発的感染が起きたが、北京市などでピークを越えて日常を取り戻しつつあるためだ。一大商戦期で1月21日から始まる春節(旧正月)休暇でどこまで好転するかに注目が集まる。

中国文化観光省によると、年末年始休暇中の国内旅行客の述...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中国ゼロコロナ

ゼロコロナ政策を堅持してきた中国・習近平政権が方針転換、実質的に「ゼロコロナ」が終了しました。これまでのゼロコロナ政策による影響や課題、「白紙運動」をはじめとする抗議活動などを巡る最新ニュースと解説をまとめました。

「習近平政権」権力の一極集中を進める習近平政権。習指導部の最新ニュースは。
「習政権ウオッチ」習政権中枢で何が起きているのか。中沢克二編集委員が深掘りします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません