/

エア・インディア、ビスタラと合併 タタ財閥傘下で再編

【ムンバイ=花田亮輔】インド大手財閥タタ・グループの統括会社であるタタ・サンズは29日、傘下の航空会社であるエア・インディアとビスタラを合併させると発表した。ビスタラはシンガポール航空との合弁として展開してきた。グループの航空事業をエア・インディアに集約して経営の効率化を進める。

当局などの承認を得て2024年3月の合併完了をめざす。エア・インディアが存続会社となり、合併完了後にはシンガポール航空がエア・インディアの株式を25.1%保有する見込みだという。タタはシンガポール航空との合弁として13年にビスタラを設立し、51%を出資していた。

エア・インディアはもともとタタのグループ会社として設立された。長らく国有化されていたが、タタが1月に再び傘下に収めた。タタは足元でエア・インディアを主軸に、航空事業の再編に動いている。

エア・インディアの最高経営責任者(CEO)には、シンガポール航空出身のキャンベル・ウィルソン氏を起用していた。エア・インディアは2日には、マレーシアのキャピタルA(旧エアアジア・グループ)とタタの合弁であるエアアジア・インディアの全株を取得すると発表していた。

タタ・サンズのナタラジャン・チャンドラセカラン会長は29日の声明で「ビスタラとエア・インディアの合併は、エア・インディアを真にワールドクラスの航空会社にする旅において重要なマイルストーン(道しるべ)だ」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません