/

この記事は会員限定です

NZ、米英豪と連携方針 対中融和姿勢を修正か

[有料会員限定]

【シドニー=松本史】ニュージーランド(NZ)が米国、英国とオーストラリアによる安全保障協力の枠組み「AUKUS(オーカス)」と連携する方針だ。豪紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」がNZ高官の話として報じた。人工知能(AI)やサイバー防衛が軸となる見通しだ。オーカスは中国抑制が目的だが、対中融和といわれたNZが立場を修正し始めたとの見方もある。

インタビューで、NZのアネット・キング駐豪高等弁務官...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン