/

この記事は会員限定です

中国株が反発 「ゼロコロナ」政策見直し期待

[有料会員限定]

【上海=土居倫之】中国株が反発した。香港ハンセン指数は29日、前日比5.2%高、上海総合指数は同2.3%高で取引を終えた。中国政府の新型コロナウイルス政策に対する抗議活動が各地で相次いだことをきっかけに、投資家の間で「ゼロコロナ」政策の早期見直し期待が浮上している。

上海総合指数は29日、9月15日以来、約2カ月半ぶりの高値を付けた。ホテルなど中国の旅行関連株で構成するCSI...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません