/

この記事は会員限定です

中国学習塾、「小・中以外」に活路 当局の規制強化で

好未来など、外国語や留学支援

[有料会員限定]

【大連=渡辺伸、香港=木原雄土】急成長してきた中国の学習塾が事業の選択と集中を急いでいる。習近平(シー・ジンピン)指導部が公表した小中学生向け学習塾に対する新規制で、義務教育分野の収益追求が大きく制限されるためだ。規制対象外の分野の強化や、事業の売却などの動きが出始めた。有望分野として出資してきた企業などにも影響が及ぶ。

約1100校を運営する学習塾大手、好未来教育集団(北京市)は7月、義務教育の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン