/

この記事は会員限定です

アジア開銀、石炭火力の早期廃止支援 22年にも基金創設

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]

【マニラ=志賀優一】アジア開発銀行(ADB)は、東南アジアで石炭火力発電所の早期廃止に向けた支援に乗り出す。発電所全体または運営権の一部を買い取り、運営主体として直接関与する基金を2022年にも創設する。投資回収を終えればすみやかに廃止できるよう道筋をつけ、アジアの新興国の脱石炭を後押しする。

ADBの浅川雅嗣総裁が日本経済新聞の取材に対して明らかにした。石炭火力の投資回収には20年以上かかるとさ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン