/

韓国・盧泰愚政権、日本に「強いおわび」要求 外交文書

 1990年5月、宮中晩さん会で天皇陛下(現上皇さま)と乾杯する韓国の盧泰愚大統領(左・当時)=宮殿・豊明殿(共同)

【ソウル=細川幸太郎】韓国外務省は29日、1990年ごろの外交文書を公開した。90年5月の盧泰愚(ノ・テウ)大統領(当時)の訪日前に、韓国政府が日本政府に天皇陛下(現在の上皇さま)の深い謝罪を要望していた。謝罪内容を見極めたうえで盧氏が日本滞在中に陛下に訪韓を招請する段取りだったという。

外交文書によると、韓国国務総理が「過去の遺憾表明では(韓国の)国民感情を解消するのは不十分」とし「より具体的で強いおわび」を要望したという。84年の全斗煥(チョン・ドファン)大統領が訪日した際の昭和天皇のお言葉の「両国間に不幸な過去が存したことは誠に遺憾」との表現では「不十分」とし、より踏み込んだ謝罪を求めたことになる。

文書では、日本側の反応などその後の交渉内容は明らかにしていない。

実際に盧大統領が90年5月に訪日した際の宮中晩さん会のあいさつで、天皇陛下は「わが国によってもたらされたこの不幸な時期に、貴国の人々が味わわれた苦しみを思い、私は痛惜の念を禁じ得ません」とのお言葉を述べられた。その言葉を受けて、盧氏は陛下に訪韓を招請した。慰安婦問題などで両国関係が悪化し、天皇訪韓は実現しなかった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン