/

この記事は会員限定です

ミャンマー駐在外交団「国軍は民主主義規範の順守を」

[有料会員限定]

【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマー駐在の欧米外交団は29日の共同声明で「国軍は民主主義の規範を順守するよう」求めた。民主化指導者アウン・サン・スー・チー氏の与党が大勝した2020年11月の総選挙後初の議会が2月1日に招集されるのを前に、選挙で不正があったとの批判を強める国軍に自制を促した。

共同声明には米国、欧州連合(EU)、英国、オーストラリア、カナダなどが参加した。「2月1日に平和的に連邦議会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り563文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン