/

この記事は会員限定です

米、海中戦力で優位死守 英と協力し豪に原潜供与計画

中国の「質より量」戦術に対抗

(更新) [有料会員限定]

米国、英国、オーストラリアの新たな安全保障協力枠組みAUKUS(オーカス)が発足した。米英が協力し豪海軍向けに8隻の原子力潜水艦を量産するのが柱だ。中国軍が近年、弾道ミサイルや戦闘機など様々な分野で戦力を増強しているが、潜水艦は米海軍や日本の海上自衛隊が性能面で優位を維持する分野だ。新たに豪州、さらには英国にもこれに加わってもらい、海中戦力で中国軍を突き放す。

潜水艦は1隻でも海域に配備すれば、相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン