/

中国景気、一進一退 7月景況感再び「50」割れ

製造業PMI、2カ月ぶりに好調・不調の境界下回る

(更新)

【北京=川手伊織】中国国家統計局が31日発表した2022年7月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は49.0だった。前月より1.2ポイント悪化し、好調・不調の境目である50を2カ月ぶりに下回った。上海市のロックダウン(都市封鎖)解除などで6月は生産活動が正常化に向かったが、需要の戻りは鈍い。中国の景気回復は一進一退の様相を呈している。

PMIは製造業3200社を対象に調べる。新規受注や生産、従業員数など項目ごとに調査。50を上回れば前月より拡大、下回れば縮小を示す。6月は上海市の封鎖解除などで4カ月ぶりに50を上回った。

7月の内訳をみると、柱の生産は3.0ポイント低い49.8だった。新規受注も1.9ポイント低下の48.5となり、いずれも2カ月ぶりに50を割り込んだ。

7月の乗用車の工場出荷台数は24日時点で前月同期より8%少ない。上海市の封鎖期間中に製造できなかった受注分の生産が6月分を押し上げたが、需要そのものの戻りは鈍く、生産回復の勢いに陰りがみられる。住宅販売も7月は伸び悩み、建材需要を下押しした。

海外需要の停滞も気がかりだ。輸出に限った新規受注も47.4と2.1ポイント下がった。米国経済が2四半期連続のマイナス成長となり、外需の下支えも期待しにくくなっている。

企業の規模別で見ても、大企業、中堅企業、中小零細企業のすべてが悪化し、節目の50を割り込んだ。そろって不調を示すのは上海市の封鎖で物流の混乱が極まった4月以来、3カ月ぶりだ。

同時に発表した7月の非製造業のビジネス活動指数は53.8だった。6月から0.9ポイント下がったが、2カ月連続で境目の50を超えた。鉄道や航空輸送、宿泊、飲食、娯楽などサービス業が少しずつ持ち直した。建設業は2.6ポイント改善の59.2となった。地方政府のインフラ投資などが本格化し、21年8月以来の高さとなった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン