/

この記事は会員限定です

韓国事業に「特殊リスク」 強まる企業の不満

最終盤の文政権(4)

(更新) [有料会員限定]

3月に米ニューヨーク証券取引所に上場し、初日の時価総額9兆円と華々しく市場にデビューしたネット通販大手クーパン。「韓国のアマゾン」とも呼ばれる同社の上場申請書類に書かれた文言が、韓国の企業経営者の間で話題になっている。

その文言とは「韓国では経営幹部が拘束され、刑事責任を負うなど特殊なリスクがある」というものだった。同社は256枚の申請書類のなかで、数ページにわたって韓国での事業リスクを詳述。世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン