/

インド・英国型の複合ウイルス 強い感染力、ベトナム公表

(更新)
ベトナム北部では感染拡大が続いている(ハノイ郊外)=国営ベトナム通信

【ハノイ=大西智也】ベトナム政府は29日、インド型と英国型の新型コロナウイルスが組み合わさった新たな変異ウイルスが見つかったことを明らかにした。現地メディアによると実験の結果、従来型よりも感染力が強く、自己複製も速いことが判明した。

グエン・タン・ロン保健相は「新たなウイルスは(従来型よりも)空気中で感染しやすく、短い時間で様々な場所に広がる」と説明している。ベトナムではインド型が主流とされているが、今回見つかった混合型も広がっている可能性がある。同国では英国型、インド型、南アフリカ型など7つの変異型が見つかっている。

ベトナムは周辺国と比べてコロナの感染を抑え込んできたが、4月下旬から北部の工業団地を中心に市中感染が拡大。累計感染者は約6600人で半数以上が過去1カ月間で確認されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン