/

この記事は会員限定です

[FT]米株式市場はバブルか、ウォール街で意見二分

「市場は狂乱」 VS 「PERは指標として時代遅れ」

[有料会員限定]
Financial Times

米EV大手のテスラを筆頭に多くの企業の株価が従来のバリュエーション(投資尺度)の枠を超えた水準に舞い上がっている。ウォール街ではバブル警戒論が台頭する一方で、今の企業価値は従来の物差しでは正しく評価できないという意見も出て、議論が真っ二つに分かれている。

(元のFT英文記事が無料で公開されています)

テスラ株は新型コロナウイルス危機以前から過熱感が強かった。株価を将来の利益と比べる予想PER(株価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2777文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン