/

中国CATL2割減益、電池原料高騰響く 22年1~3月

【広州=川上尚志】車載電池の世界最大手、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)が29日発表した2022年1~3月期決算は、純利益が前年同期比24%減の14億元(約290億円)だった。8四半期ぶりの減益だった。電池の主要材料であるリチウムなどの価格高騰が採算を圧迫した。

売上高粗利益率は14.5%で前年同期から約13ポイント下がった。CATLは「一部の材料価格が急速に上がりコストの増加を招いた」と説明する。中国の調査会社によると、電池用炭酸リチウムの中国での取引価格は3月に1トン当たり50万元を超え、1年前の約6倍になった。4月も40万元台後半で高止まりしており、今後も利益を押し下げる可能性がある。

売上高は2.5倍の486億元だった。主力の中国市場で電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)など新エネルギー車の新車販売が、1~3月累計で前年同期比2.4倍に急増し、これらの新エネ車向けの電池の出荷が伸びた。

ただ、中国では3月以降に新型コロナウイルスの感染が拡大し、上海市などで都市封鎖(ロックダウン)が続く。自動車関連のサプライチェーン(供給網)が混乱しており、今後はEVなどの販売が減速し、電池の出荷にも影響する恐れがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン