/

この記事は会員限定です

中国BYD、車載電池を初の外販 今年後半にも

[有料会員限定]

【広州=比奈田悠佑】中国電気自動車(EV)大手の比亜迪(BYD)は車載用電池の外販を今年後半にも始める。他社にも供給することで電池生産の規模を拡大し、効率化を進める狙いがある。電池市場で先行する中国の寧徳時代新能源科技(CATL)や韓国・LG化学を追い上げる。

グループの電池事業子会社「弗迪電池」が開発した車載用リチウムイオン電池を他の自動車メーカーに供給する。具体的な販売先や販売価格、売上高目標...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン