/

この記事は会員限定です

[FT]米エクソン、設備投資削減と取締役刷新を検討

物言う株主が圧力

[有料会員限定]
Financial Times

「スーパーメジャー」と呼ばれる米石油大手エクソンモービルは、同社に事業再編を求めて委任状争奪戦に乗り出したアクティビスト(物言う投資家)との協議の末、設備投資のさらなる削減と取締役会の刷新、持続可能な技術への投資拡大を検討している。

協議に詳しい関係者によると、こうした改革は、エクソンが2020年10~12月期決算を発表する来週前半にも打ち出される可能性がある。

改革の可能性が浮上したのは、20年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン