/

この記事は会員限定です

日中国交正常化49周年 台湾のTPP加盟焦点に

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】日中両国は29日、国交正常化から49周年を迎えた。今年は米中対立の深まりに加え、中国と台湾の環太平洋経済連携協定(TPP)加盟申請が重なった。来年には50周年の節目を迎えるにもかかわらず、祝賀ムードはほとんどない。

中国は台湾のTPP加盟申請に反対している。中国政府は「中国台湾地区の地域経済協力への参加問題は(中国大陸と台湾は1つの国に属するという)『一つの中国』原則に基づいて処...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン