/

この記事は会員限定です

終盤のフィリピン大統領選、インフラ巡り上位2氏が論戦

独走のマルコス氏「デジタルも」、2位ロブレド氏「地方優先」

[有料会員限定]

【マニラ=志賀優一】任期満了に伴う9日投開票のフィリピン大統領選は支持率で首位のフェルディナンド・マルコス元上院議員(64)を2位のレニー・ロブレド副大統領(57)が追う展開だ。終盤の論戦はインフラ整備の方針が軸。2人とも現職の積極姿勢を否定しないが、マルコス氏は「デジタル環境」への発展を訴え、逃げ切りを目指す。ロブレド氏は「地方優先」で挽回を探る。

6月に退任するロドリゴ・ドゥテルテ大統領(7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン