/

この記事は会員限定です

三菱重工業の資産売却手続き、さらに進展

[有料会員限定]

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国最高裁が三菱重工業に元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊員らへの賠償を命じた訴訟で、資産差し押さえの関連書類が企業側に届いたとみなす「公示送達」の効力が30日までに発生した。同社は差し押さえ命令を不服として即時抗告する方針だ。

公示送達は、裁判所での掲示をもって訴状などの書類が相手に届いたとみなす手続き。韓国中部の大田(テジョン)地裁は10月、三菱重工業が韓国内で保有する特許権6件と商...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り303文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン