/

「極超音速ミサイル」と報道 北朝鮮、28日の発射で

(更新)

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、兵器の開発機関である国防科学院が新たに開発した極超音速ミサイル「火星8」を28日に試験発射したと報じた。北朝鮮が同日朝、日本海に向けて発射したミサイルとみられ「目標とする技術的な指標が設計上の要求を満たした」などと伝えた。

韓国軍によると北朝鮮は28日午前6時40分ごろ、中国との境界に近い慈江道の舞坪里(ムピョンリ)から日本海に向けて短距離ミサイル1発を発射した。聯合ニュースは飛行距離は200キロメートル未満で、低高度を飛んだと報じた。

朝鮮中央通信によると、28日は火星8の初めての発射実験で、飛行性能や弾頭部の誘導機能を確認したという。同ミサイルについて「党中央の特別な関心のなかの最重大事業で、大きな戦略的意義を持つ」と解説した。

発射には朴正天(パク・ジョンチョン)朝鮮労働党書記が立ち会い「国の防衛力を百倍千倍に強化するための事業で、大きな成果をなし遂げる」と言及した。

極超音速ミサイルは音速の5倍以上の速さで軌道を変えながら飛ぶため、レーダーによる捕捉と迎撃が困難とされる。中国とロシアが開発を先行している。金正恩(キム・ジョンウン)総書記は1月の党大会で、同ミサイルの開発を推進すると述べていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン