/

マレーシア、6月1日から再び全土都市封鎖 感染拡大で

(更新)
マレーシアではロックダウンが導入される前の今も行動規制が実施されており、人通りは減少している(11日、クアラルンプール)=ロイター

【シンガポール=中野貴司】マレーシアのムヒディン首相は28日、6月1日から14日まで全土でロックダウン(都市封鎖)を実施すると発表した。日常生活に不可欠な業種以外の操業を禁止する。新型コロナウイルスの新規感染者数が連日、過去最多を更新しており、2020年3~5月以来の厳しい規制の再導入を余儀なくされた。

首相府は28日の声明で「感染力の強い変異ウイルスによって、1日あたりの新規感染者数が8000人を超え、全土の病院の対応能力も限界に近づいている」と説明し、都市封鎖の必要性を強調した。都市封鎖によって感染者数が減少した場合は「第2段階」に移行し、操業可能な業種を広げる方針だ。第2段階を4週間続けた上で、大半の業種の操業を認める「第3段階」に移行するかどうかを検討する。

ムヒディン氏は23日、地元メディアのインタビューで都市封鎖を実施すれば、経済が破綻する恐れがあり、財政負担も膨大になるとして、都市封鎖に否定的な考えを表明していた。ただ、その後も新規感染者数が増え続け、わずか5日で方針転換を強いられた。

前回の事実上の都市封鎖が経済活動に深刻な影響を与えた20年4~6月期は実質国内総生産(GDP)が前年同期比で17.2%減少した。21年4~6月期はその反動で大幅なプラス成長が見込まれていたが、都市封鎖の再導入によって、景気回復のペースが鈍化するのは確実だ。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン