/

ホンダ、「無印良品」と電動自転車 中国で発売

【広州=川上尚志】ホンダは16日、生活雑貨店「無印良品」を展開する良品計画と共同企画した電動自転車を中国で発売する。1度の充電で走れる航続距離は65キロメートルで価格は4980元(約10万円)。ホンダ系列の二輪車店舗やネット経由で販売し、無印良品も店舗で紹介する。中国で急増する電動二輪車の需要を取り込む狙いだ。

両社で企画した電動自転車「素ーMS01」は、無印良品がデザインを手掛けた。ホンダの中国での二輪車生産・販売の合弁会社「新大洲ホンダ」が開発し、製造や販売も担う。新大洲ホンダがネット通販で4日から予約受け付けを始めた。

ホンダは無印の主要な顧客層である若い女性への商品の売り込みにつなげる一方、無印も品ぞろえの幅を広げて集客につなげる狙いがあるとみられる。

中国では2019年に電動自転車の安全性などの要求を厳しくした新しい基準の施行が始まり、旧型製品からの買い替え需要が膨らんでいる。中国の国海証券によると、国内の電動二輪車(自転車のほかバイクも含む)の販売台数は19年まで3000万台前後で推移していたが、20年は4760万台に達し、24年まで5000万台前後で推移する見通し。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン