/

この記事は会員限定です

よくわかる中国恒大 資金繰りは持つのか?

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

中国恒大集団の債務問題が浮上して1カ月あまりが経過した。ドル債の流通価格は前週時点で額面の16~25%と、法的整理などによる債務カットを前提にした価格に落ち込んでいる。一方、創業者の許家印・董事局主席はなお事業継続に意欲を示す。恒大の存続は可能なのか。許氏の執着の背景は。現状を改めて概観する。

・恒大の資金繰りは?生き残りは可能なのか?
・なぜ許氏は事業継続に執念を見せるのか?
・恒大問題はリーマン・ショック級の危機に発展するか?...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン