/

この記事は会員限定です

カンボジア動脈、中国が建設・運営 初の高速道路開業

Zoomインフラ

[有料会員限定]

カンボジアで初めての有料高速道路が開業した。中国の国有企業が約20億ドル(約2700億円)を投じ、首都プノンペンと南部の港湾都市シアヌークビル間の約190キロメートルを結ぶ。人やモノの円滑な移動ニーズに応えるほか、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」の一部も担う。事業としては採算の確保が課題となるが、日本企業なども活用する見通しで、中国の影響力拡大を警戒する向きもある。

移動時間が半分の2時間に

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2313文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません