/

米台ナンバー2接触に中国反発 「台湾は一つの省」

【北京=羽田野主】中国外務省の趙立堅副報道局長は28日の記者会見で、ハリス米副大統領が訪問先の中米ホンジュラスで台湾の頼清徳・副総統と接触したことに反発した。「中国は米国と台湾の政府関係者のいかなる往来にも一貫して反対する」と述べた。

趙氏は「台湾は中国のただの一つの省にすぎない。どこから来た(副)総統だ?」と話した。頼氏を名指しして「台湾独立を巡る言論をたくさん発表している」と批判した。

米国は台湾と正式な国交関係を持たないが、民主主義の成功例と位置づける台湾と関係を強化している。中国は中国大陸と台湾は1つの国に属するという「一つの中国」原則を唱え、米台の接触を強く非難している。

ホンジュラスのカストロ大統領は昨年の選挙戦中に外交関係のある台湾と断交し、中国との国交を樹立する姿勢をちらつかせた。ハリス氏と頼氏はそれぞれカストロ氏と個別に会談し、関係を強化した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン