/

中国外相、タリバン幹部と会談 アフガン巡り意見交換

中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相=ロイター

【北京=羽田野主】中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相は28日、天津でアフガニスタンの反政府武装勢力タリバンの幹部と会談した。アフガン和平などを巡り意見交換した。

中国外務省の発表によると、王氏はタリバンを「アフガンで決定的な力を持つ軍事、政治勢力だ」と評価してみせた。「アフガンの和平と和解、復興の過程で重要な役割を発揮してほしい」と述べた。

米軍のアフガン撤退にも触れて「性急な撤退は米国のアフガン政策の失敗を示した一方、アフガンに自国の安定と発展の重要な機会をもたらした」と主張した。

中国はアフガン政府とタリバン双方と関係を維持してきた。中国はアフガンの不安定化によって、テロ組織に指定する「東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)」がタリバンと結託してアフガンで活動を広げ、新疆ウイグル自治区に侵入する事態を懸念している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン