/

この記事は会員限定です

中国、台湾の欧州接近に危機感 習氏が英独仏首脳と協議

[有料会員限定]

【北京=羽田野主、台北=中村裕】中国が、台湾の欧州接近に警戒を強め欧州を必死でつなぎとめようと動いている。10月中旬以降、習近平(シー・ジンピン)国家主席自ら英独仏首脳に連携を呼びかけ、外相の欧州への派遣も決めた。欧州を舞台に中台が激しく綱引きする構図も浮かび上がる。

習氏は29日に英国のジョンソン首相と電話協議した。習氏は「英国が多くの優れた製品を輸出し、医療やデジタル経済、金融などの分野で協力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1401文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン