/

韓国検察、李明博元大統領を釈放

think!多様な観点からニュースを考える

【ソウル=恩地洋介】韓国検察は28日、服役中の李明博(イ・ミョンバク)元大統領(80)を一時釈放すると決定した。3カ月の間、刑の執行を停止する。聯合ニュースによると、検察は李氏の健康状態を考慮した。政権与党内には李氏の特別赦免(日本の恩赦に相当)を求める声がある。

李氏は在任中の収賄や横領の罪に問われ、2020年10月に懲役17年の実刑判決を受けた。ソウル近郊の安養刑務所に収監されていたが、先週ソウル市内の病院に入院したという。

李氏側が刑の執行停止を申請し、水原地検が審議の結果、これを受け入れた。韓国の刑事訴訟法は、高齢だったり刑の執行で健康を害す恐れがあったりする場合に、懲役刑の執行を停止できると定めている。

文在寅(ムン・ジェイン)前政権下では歴代の保守系大統領が相次ぎ罪に問われた。2017年に大統領を罷免された朴槿恵(パク・クネ)元大統領は懲役22年が確定し、4年9カ月の収監生活を経た21年末に特赦された。残り17年余りの刑期は免除となった。

日本の植民地支配からの解放を祝う8月15日の光復節に合わせ、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が李氏を特赦するとの見方がある。政権与党には李政権で要職を務めた人物が多い。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン