/

教会前で自爆テロ、インドネシア 2人死亡 20人負傷

ジョコ大統領は声明で「テロ行為だ」と強く非難した(28日、インドネシア・南スラウェシ州マカッサル)=AP

【ジャカルタ=共同】インドネシア・スラウェシ島南スラウェシ州の州都マカッサルにある教会の入り口前で28日午前、近づいてきたバイク1台が突然爆発し、政府によるとバイクに乗っていた2人が死亡、教会警備員や礼拝者ら少なくとも20人が負傷した。ジョコ大統領は声明で「(自爆)テロ行為だ」と強く非難した。

同国では多民族・多宗教の共存が国是で、少数派のキリスト教徒を狙った攻撃に政府は敏感になっている。ジョコ氏は「国が安全を保証するので住民は安心して礼拝してほしい」と強調した。

捜査関係者によると、実行犯とみられるバイクの2人は、東南アジアのイスラム過激派組織ジェマ・イスラミア(JI)の関係者の可能性があるとみて背景を調べている。教会では当時、日曜礼拝が終わったばかりで、バイクは教会内に侵入しようとしたが、警備員に止められていたという。

インドネシアでは2018年5月、ジャワ島スラバヤ一帯でキリスト教教会や警察を狙った連続自爆テロが起き、14人が犠牲になった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン