/

ラナリット氏死去、カンボジア元第1首相 前国王の次男

【ハノイ=大西智也】カンボジアの「独立」の父と呼ばれた故シアヌーク前国王の次男で、同国の第1首相を務めたノロドム・ラナリット氏が28日、滞在先のフランスで死去した。77歳だった。カンボジア政府高官が明らかにした。

ラナリット氏は1993年、国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)の支援で実施された総選挙で民族統一戦線(フンシンペック党)を率いて第1党になり、第1首相に就任した。その後、フン・セン第2首相(現首相)派との武力衝突に敗れ、97年に事実上、国外に追放された。

その後、国王の恩赦により帰国したが、同党の組織が弱体化したこともあり、政治的な影響力を徐々に失った。近年は政治の表舞台から遠ざかっていた。18年には南部のシアヌークビルで乗車中の車がタクシーに衝突し、同乗していた妻が死亡、ラナリット氏本人も重傷を負った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン