/

この記事は会員限定です

中国、東シナ海・南シナ海で攻勢

ウクライナ侵攻の間隙突く動きか

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国が東シナ海と南シナ海で攻勢を強めている。南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島の3礁を完全に軍事要塞化し、領海などの警備に当たる海警局と中国海軍の一体化も加速している。世界の関心がロシアによるウクライナ侵攻に向いている間隙を突く形で動いている可能性がある。

米インド太平洋軍のアキリーノ司令官は3月、AP通信のインタビューで、中国が領有権を主張し周辺国と争っている南シナ海の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン