/

この記事は会員限定です

フィリピン大統領選、SNSが主戦場 若年層の多さ背景に

[有料会員限定]

【マニラ=志賀優一】2022年5月のフィリピン大統領選の投開票までまもなく4カ月となる。若年層が多く、世界で最もインターネット利用時間が長いとされる同国で進んでいるのが選挙でのSNS(交流サイト)の活用だ。ターゲット広告やフェイクニュースが入り乱れるSNSは選挙の主戦場となりつつある。

大統領選では故マルコス元大統領の長男のフェルディナンド・マルコス氏が支持率で大きくリードしている。調査会社パル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン