/

中国2月の景況感、3カ月連続悪化 春節で稼働低調

(更新)
春節休暇で輸出の新規受注も低調(江蘇省の港)=新華社・共同

【北京=川手伊織】中国国家統計局が28日発表した2月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は前月より0.7ポイント低い50.6となった。拡大・縮小の節目である50を12カ月連続で上回ったが、3カ月連続の低下となった。2月中旬に春節(旧正月)休暇があり、稼働をやめる工場が多かった。

PMIは製造業3000社を対象に調べる。新規受注や生産、従業員数など項目ごとに調査する。50を上回れば前月より拡大、下回れば縮小を示す。

柱である生産が51.9と1.6ポイントも低下したことが響いた。春節休暇中は工場を止めるため、新たな受注も減った。輸出に限った新規受注は48.8と、2020年8月以来6カ月ぶりに50を割り込んだ。企業の規模別にみると、中堅企業が零細企業とともに節目の50を下回った。

国家統計局は「一部の製造業は労働力が不足し、雇用コストの上昇圧力がいくぶん高まっている」と分析した。国際商品市況の回復をうけ、原材料の購入価格を示す指数も高止まりしている。コスト上昇が企業収益を圧迫しかねない。

同時に発表した2月の非製造業のビジネス活動指数は1月より1.0ポイント低い51.4だった。3カ月連続で前月を下回った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン