/

この記事は会員限定です

南シナ海の規範策定 域外国関与巡り溝 中・ASEAN

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳】中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)が南シナ海の紛争抑止に向けて進める「行動規範」の策定作業が難航している。ASEANが域外の非当事国との連携を探る動きに中国が反発している。新型コロナウイルスの影響もあり協議は進まず、目標とする2021年の合意ができるかどうか不透明感が漂っている。

南シナ海で20年12月26日、ベトナム南部ホーチミン市に寄港していたインド海軍の艦船がベトナム海...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン