/

この記事は会員限定です

EVの充電進化、使い勝手競う 道路にコイルも

[有料会員限定]

世界で電気自動車(EV)へのシフトが加速するなか、消費者の使い勝手を高める技術革新が進んでいる。イスラエルのスタートアップは「走りながらEVを無線充電」する実証実験を同国で1月に始めた。米欧でも充電の負担を減らす新技術の開発が進む。EV普及の基盤が整いそうだ。

ガソリン車は数分で燃料が満タンになるなど利便性が高く、給油所の数も多い。一方でEV充電には数時間かかるケースもあるほか、充電拠点の少なさも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り893文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン