/

北朝鮮「25・27日に戦術誘導弾など発射」 朝鮮中央通信

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、兵器の開発機関である国防科学院が25日と27日にそれぞれ長距離巡航ミサイルと地対地戦術誘導ミサイルの発射実験をしたと伝えた。いずれも標的とした日本海上の島に命中したと報じている。

同通信によると、25日に発射した2発の巡航ミサイルは、2時間半余りにわたって1800キロメートル飛行した。「実用的な戦闘性能は、国の戦争抑止力強化の一翼を担う」などと主張した。

27日にも2発の地対地戦術誘導ミサイルを発射し「弾頭部の爆発威力が設計上の要求を満たした」と伝えた。韓国軍は北朝鮮がこの日の午前8時ごろに、短距離弾道弾と推定するミサイルを撃ち、飛距離は約190キロメートル、高度は約20キロメートルだったと発表していた。

一方、28日付の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は金正恩(キム・ジョンウン)総書記が重要な兵器を生産する軍需工場や、温室野菜農場の建設予定地を視察したと伝えた。軍需工場の視察には妹の金与正(キム・ヨジョン)党副部長が同行した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン