/

サムスン半導体の営業益82%増 7~9月、他部門不振補う

(更新)

【ソウル=細川幸太郎】韓国サムスン電子が28日発表した2021年7~9月期連結決算で、半導体部門の営業利益は前年同期比82%増の10兆600億ウォン(約9760億円)だった。3年ぶりに10兆ウォンを超えた。スマートフォンや家電部門が減益となるなか、半導体が全体の増収増益をけん引した。

半導体部門の売上高は40%増の26兆4100億ウォンだった。売上高営業利益率は38%と、4~6月期と比べて8ポイント上昇した。米IT(情報技術)大手などのデータセンター投資が引き続き堅調で、主力の半導体メモリーの中でサーバー用DRAMが特に好調だった。

ただ、足元のメモリー市況は軟調だ。決算発表後の電話会見で韓真晩(ハン・ジンマン)副社長は「スマホやパソコンで部品供給問題の不確実性が残る」とした。完成品の生産量が減ればメモリーの需要減につながり、収益が悪化するとの認識を示した。韓氏は「22年下半期には状況は改善する」と話す。

半導体受託生産中心の非メモリー分野は7~9月期に売上高が初めて5兆ウォンを突破した。サムスンは「幅広い半導体製品で供給不足は続く」と予測。22年には最先端半導体の生産を開始するとし、受託生産分野で独走する台湾積体電路製造(TSMC)を追う姿勢を鮮明にした。

サムスンは決算速報値として7~9月期の売上高と営業利益を既に公表しており、28日に新たに純利益と各部門の業績を発表した。純利益は前年同期比31%増の12兆2900億ウォン、速報値では73兆ウォンとしていた売上高は同10%増の73兆9800億ウォンだった。ウォン安ドル高による為替影響で8000億ウォンの増益効果があったという。

スマホ部門の売上高は前年同期比7%減の28兆4200億ウォン、営業利益は24%減の3兆3600億ウォンだった。21年は旗艦モデル「ギャラクシーノート」シリーズの新商品の発売を見送ったことが響いた。

家電部門は巣ごもり消費の底上げ効果が薄れている。売上高は前年同期比ほぼ同水準の14兆1000億ウォン、営業利益は51%減の7600億ウォンだった。テレビ需要の減少とともに原材料高や物流費用がかさんだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン