/

ゼレンスキー氏、G20サミット「オンラインでも出席」

【ジャカルタ=地曳航也】ウクライナのゼレンスキー大統領は27日のオンラインでの講演で、インドネシアが20カ国・地域(G20)の議長国として11月に開く首脳会議(サミット)への出席に意欲を示した。「(ロシアとの)戦争が続いていてもオンラインで出席できる」と述べた。

シンクタンク「インドネシア外交政策コミュニティー」で講演した。G20サミットに関し「いまは直接どこにも行けない。国民とともに国に残らなければならない」と語った。そのうえでG20加盟各国に会議でウクライナを支持する立場を明確にすべきだとの考えを表明した。

「(G20サミットを開く)秋には食料難などの危機が進み、真の難局に直面するかもしれない」と指摘。G20は状況を詳細に把握し解決策を見いだす必要があると訴えた。ロシアの対外拡張方針を食い止めるため、ロシアとの取引や貿易などの中断に向けた各国の結束を呼びかけた。

G20をめぐっては、米国などがロシアの枠組みからの排除を主張。サミットで議長を務めるインドネシアのジョコ大統領は、ロシアのプーチン大統領とともに、G20に加わっていないウクライナからゼレンスキー氏も招待した。同氏はツイッターで出席の意向を示していた。

ゼレンスキー氏はロシアとの停戦交渉に関し「ウクライナ国民がロシアの指導者との話し合いを望んでいるとは言えない」と話した。「我々の生活、領土を伴った主権国家としての生活を取り戻したい」と交渉の必要性を強調する一方、ロシアが後ろ向きであると主張した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン