/

この記事は会員限定です

米国務長官、インドネシアにイスラエルとの正常化を打診

[有料会員限定]

【ジャカルタ=谷翔太朗】ブリンケン米国務長官が12月中旬、インドネシアのルトノ外相との会談でイスラエルとの外交関係の正常化を打診していたことがわかった。イスラム教徒人口で世界最多のインドネシアはイスラエルを承認していない。バイデン米政権の中東政策がトランプ前米政権と同様にイスラエル寄りだと受け止められれば、世界のイスラム社会が反発を強めかねない。

インドネシア外務省の広報官によると、ブリンケン氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン