/

日台「与党版2プラス2」に反対、中国「内政干渉だ」

記者会見する中国外務省の趙立堅副報道局長=共同

【北京=羽田野主】自民党の外交、国防両部会長が27日、台湾の与党・民進党で外交、防衛分野を専門とする立法委員(国会議員)とオンラインで協議したことに反発した。中国外務省の趙立堅副報道局長は同日の記者会見で「台湾は中国の一部で、いかなる形式の公式往来も断固反対する」と強調した。

趙氏は「日本側に中国への内政干渉をやめて、台湾の独立勢力に誤った信号を送らないように要求する」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン