/

この記事は会員限定です

新疆ウイグルのトップ交代、習氏の権力基盤固めの一環か

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国共産党の習近平(シー・ジンピン)指導部は25日、新疆ウイグル自治区のトップである党委員会書記に馬興瑞広東省党委副書記(62)を充てる人事を発表した。学者出身の馬氏は故郷が習国家主席夫人の彭麗媛氏と同じ山東省菏沢市で、順調に出世の階段を上がってきた。今回の人事は習氏の権力基盤固めの一環との見方が多い。

馬氏は2007年に宇宙やミサイル技術を開発する中国航天科技集団のトップに就...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン