/

この記事は会員限定です

中国、南太平洋要衝で滑走路調査 米豪と対抗姿勢にじむ

ハワイから約3000キロ、キリバスは「民生用」

[有料会員限定]

【北京=羽田野主、シドニー=松本史】中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相が異例の10日間にわたる太平洋島しょ国の訪問を続けている。27日に訪れたキリバスでは、中国が米ハワイに近い島での滑走路の改修事業を支援する。地域への浸透や拠点の確保を通じ、米国やオーストラリアに対抗する姿勢が鮮明になっている。

27日、キリバスの首都タラワ。訪問開始2日目となるこの日、王氏はキリバスのマーマウ大統領と会談し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1948文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン