/

この記事は会員限定です

フィリピン「国民の拳」は大統領になれるか

アジア総局長 高橋徹

[有料会員限定]

注目された「ドゥテルテ劇場」は半ば肩透かしに終わった。

2022年5月に6年ぶりの大統領選挙が迫るフィリピン。10月上旬にいったん締め切った正副大統領への立候補者は、11月15日まで変更が可能だった。大統領は憲法で再選が禁じられ、現職のロドリゴ・ドゥテルテ氏は出馬できない。10月時点で南部のダバオ市長の再選を目指すとしていた長女サラ氏が大統領選に、同じく政界引退を表明したロドリゴ氏が副大統領選へ名...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2806文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

Asia Analysis

経済が成長し目まぐるしく変化するアジアの国々。米国と中国の超大国同士の貿易摩擦が激しくなる中、その狭間に位置するアジアにも余波が及んできた。現地の政治・経済の今を切り取る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン