/

韓国、残余ワクチンをアプリ予約で即接種 廃棄ゼロへ

接種の伸び悩み深刻、アストラゼネカ副作用を懸念

think!多様な観点からニュースを考える

【ソウル=細川幸太郎】韓国政府は27日、新型コロナウイルスのワクチン接種で、当日キャンセルなどで余った分を即日接種できる予約アプリの運用を始めた。残余ワクチン数を地図上に表示し、希望者は最寄りの医療機関で接種できる仕組み。ワクチンの廃棄を減らし、早期に接種者数を増やすことを狙う。

韓国では英アストラゼネカ製のワクチンが主流で、1瓶あたり10人の接種が可能だ。ただ開封後6時間以内に使い切る必要があり、体調不良などで急なキャンセルが出た場合は廃棄せざるを得なかった。スマートフォンのアプリを使った当日予約は、30歳以上であれば居住地域に関係なく接種を受けられる。

同国ネット大手のネイバーとカカオの地図アプリ上で、午後1時から提供を始めた。病院や診療所が残余ワクチンの情報を入力すれば、リアルタイムで公開される。利用者側は地図上で残余ワクチンを持つ医療機関を探し、住民登録番号を入力して予約する。社会課題の解決にIT(情報技術)を機動的に活用する韓国らしい取り組みといえそうだ。

韓国では、医療従事者などのワクチン接種をほぼ終えており、高齢者から対象年齢を段階的に引き下げている段階だ。27日には65歳以上の大規模接種が始まり、現時点で対象外の64歳以下も残余ワクチンは接種可能という。

当局によると、26日時点で1回目の接種を終えた人の割合は全人口の7.7%。政府は6月中に同25%に相当する1300万人分の接種を目指している。

接種率の向上に向けて課題は残る。アストラゼネカのワクチン接種を敬遠する人が多いことだ。韓国政府は防疫を重視するあまりにワクチン確保が遅れ、日本などと比べて実際の輸入量がまだ少ない。米ファイザー製ワクチンは75歳以上に限定され、多くの市民にとっては、血栓など副作用リスクがあるとされるアストラゼネカ製しか選択肢がないためだ。

25日発表の接種予約率は、65~69歳で62%にとどまる。ファイザーや米モデルナなど、今後供給が予定される別のメーカー製を待ちたいとする市民が多いという事情もある。

韓国政府は接種率の伸び悩みを打開しようと、ワクチン接種者には7月から屋外でのマスク着用義務の免除を決めた。現行の飲食店などでの5人以上の集会制限も対象外とする。そのほか国立美術館の割引適用など幅広いインセンティブを用意して接種を促している。

それでも接種希望の動きは鈍い。日本政府がアストラゼネカのワクチンについて当面の公的接種の見送りを決めたことが、韓国内でも波紋を広げている。接種を急ぐ韓国政府は、市民による接種回避という課題に直面している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン