/

中国で「ウルトラマンティガ」配信停止 波紋広がる

【北京=羽田野主】中国の主要な動画サイトで、日本の特撮ドラマ「ウルトラマンティガ」の中国語版が視聴できなくなり、波紋が広がっている。ネット上では戸惑いや反発の声が上がり、共産党系メディアが「内容を調整している」と伝え、火消しに回っている。

中国メディアによると、24日に動画サイト大手の優酷や愛奇芸などで「ティガ」を視聴できないとネットユーザーから通報が相次いだ。

中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」では「ウルトラマンティガ配信停止」の検索目印(ハッシュタグ)に、27日までに12億回以上のアクセスが集まっている。「ティガ」以外のウルトラマンシリーズは視聴できる。

24日には監督官庁の国家放送総局が暴力的な内容を含むアニメなどの配信停止を求める幹部の発言を公表していた。これを受けて動画サイトなどが自主規制に踏みきった可能性が高そうだ。

なぜ「ティガ」だけなのか。江蘇省消費者権益保護委員会は4月に「未成年の成長に有害だ」として複数の作品を名指しし「暴力的・犯罪的要素が多い」作品として「ティガ」を第4位に挙げた。同2位には日本のアニメ「名探偵コナン」が挙げられていることから、今後の扱いに関心が集まっている。

配信停止に対し、ネット上では「子どもがウルトラマンごっこでケンカすることがなくなりそうだ」と賛同する親の意見がある。一方で明確な理由もないまま人気コンテンツが突然見られなくなったことに戸惑いや反発も多い。「暴力がすべてダメならカンフー映画も見せられなくなる」との指摘もあった。

中国共産党系メディアの環球時報(電子版)は「コンテンツの最適化を進めている」と伝えた。再び視聴できる時期は「未定」としつつ、ネット世論の反発を沈静化しようとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン